更新日: 2017年11月08日
1733 view

マツコ・デラックスも経験! 夢遊病の症状や原因はこちら!

マツコ・デラックスさんやお笑いコンビのノンスタイルの石田明さんがカミングアウトされたことで、夢遊病がにわかに注目されています。子どもに多い夢遊病ですが、近年、大人の夢遊病も増加傾向にあるようです。今回は、この夢遊病とその原因についてご紹介します。

夢遊病とは? 一体どんな症状なのか?

Retina pixta 31118786 s
夢遊病とは、医学的に睡眠時随伴症と呼ばれる睡眠障害(覚醒障害)に該当する疾患で、「睡眠時遊行症」「夢中遊行症」などとも呼ばれています。

夜中に、脳が眠っている状態で、身体が起きて、歩き回る、食事をとる、お風呂に入る、など、何らかの行動をとることが主な症状です。脳が眠っているために、本人にはそれらの行動の記憶がまったくありません。ちなみに寝言も、夢遊病の症状に該当するようです。

夢遊病は、10歳未満の子どもに多く、子どもが発症した場合は、成長とともに自然と消失するため、特に治療は必要とされません。しかし、大人になってからこの夢遊病を発症すると、治療が必要になる場合が多いようです。

夢遊病の原因は異常な興奮が関連していた!

Retina pixta 25215564 s
なぜ夢遊病が起こるのか?その詳細なメカニズムについては、現段階では解明されていません。

ただ、夢遊病は、寝入った直後に訪れるノンレム睡眠中に起こりやすいことだけは明らかになっているようです。ノンレム睡眠中は、通常、脳がぐっすり休んでいる状態ですが、その状態のときに、脳の一部が覚醒してしまうと、その覚醒してしまった部分の脳が、身体に指令を与え、身体がそれに応じてしまった場合に、寝ながらにして行動を起こすことになるのではと考えられているようです。

ただし、脳のどの部分が覚醒するとそのような行動をとることになるのかは、まだ現段階では、解明できていません。

なぜ脳の一部が覚醒してしまうのかについても、詳細は不明ですが、過度の精神的ストレスや、日中の異常な興奮などが引き金になると推測されています。

例えば、極端なダイエットにより過度のストレスがかかると、夜中に起き出して眠りながら食べ物をむさぼってしまうというケースは、特にアメリカで多数報告されているようです。ちなみにマツコ・デラックスさんもこのケースに該当するようです。

夢遊病ではなくレム睡眠行動障害の場合も

Retina pixta 28464953 s
夢遊病だと思い込んでいても、実は、夢遊病と症状が非常に似ているレム睡眠行動障害であるというケースも少なくありません。

レム睡眠行動障害も、眠っている状態で、身体を動かしたり声を上げたりする睡眠時随伴症の一種ですが、夢遊病とは分類上、別の扱いとなります。

夢遊病と異なる点としては、レム睡眠時に起こること、夢を見ながら夢の内容に沿った行動を起こすことです。また、目が覚めた時も夢の内容を覚えていることが多いのも特徴。

夢遊病では本人は無意識で夢の内容を覚えていないそうです。

さらに、夢遊病は、行動を起こしているときに感情が働きませんが、レム睡眠障害は、感情も働くため、見ている夢に対して恐怖や怒りを覚えることが多いです。

感情が伴うために、レム睡眠行動障害の場合、周囲の人に危害が加わる怖れがあるため、夢遊病よりも症状は深刻です。

おわりに

いかがでしたか?このほかにも、夢遊病は、睡眠導入剤などが引き金になる場合もあるようです。いずれにせよ、気になる場合は、睡眠外来など専門の医療機関への受診をおすすめします。

夢遊病じゃないけど昼間の眠気が辛い・・・そんな時の対処法は?


十分に寝たのに眠い・・・。そんなことが続いている場合、もしかしたら本人も気づかない間にいびきをかいているのかもしれません。ネルコト編集部おすすめのいびきグッズをご紹介しましょう。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1475view
2

布団が敷きっぱなしだと〇〇に⁉カビやダニの対策方法とは?

1039view
3

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

153view
4

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6073view
5

【マウスピースが効かない! 】いびきが治らないときの適切な対処法とは?

1955view

おすすめキーワード