更新日: 2016年08月06日
7173 view

夜寝れないのは筋トレが原因!?「筋トレ」するおすすめのタイミング

「夜眠れない」という方の中に、筋トレをしている方はいませんか? 実は筋トレは夜にやってしまうと眠れない原因となってしまいます。 そこで、今回は筋トレのおすすめの時間帯や方法についてまとめていきます。

なぜ筋トレで眠れなくなるの?

Retina pixta 13594120 s
「身体を疲れさせた方が眠れるのでは?」と考える方も多いと思いますが、なぜ筋トレを夜にすると眠れなくなってしまうのでしょうか。

実は、筋トレをすると交感神経が刺激され、これが逆に眠りを促進してくれる副交感神経を鈍らせてしまうとのことです。また、激しい筋トレによって身体中の筋肉や内臓が目覚めてしまうと、血流も良くなり、さらに眠りにくい状態となってしまうワケです。

どうしても眠りたいという方は、眠る前に筋トレするのではなく、ストレッチをするといいようです。身体をゆっくりと伸ばすことで筋肉も動かすことができ、副交感神経も刺激出来るようです。これによって睡眠が促進されるとのことです。

オススメの筋トレ時間帯

Retina pixta 21611528 s
筋トレは、何を目的にするかによって、トレーニングの量や時間も変わってきます。

自分に筋肉を付けたいという方は、食事の前に筋トレすることをおすすめします。
夕食の前であれば、17時から18時前後くらいに筋トレすると良いとのことです。

この時間になると身体がエネルギーを消費した後、夕食で再びエネルギーを取り入れる前なので、身体には何もない状態となっています。そんな中で筋トレすれば、燃焼するものがないので、脂肪を燃焼してくれるようです。

筋トレの時間帯としては、夕食の前などに済ませておく方が、健康的でなおかつダイエットにも筋肉を付けることにも繋がっていきます。そして、夜の食事量も少なくすると、段々と筋トレの効果も出てくるはずです。

おすすめの筋トレの方法

Retina pixta 15976141 s
筋トレというのは、ただ単に重い物を持ったりすれば良いと思っている方も多いですが、重要なのは筋肉の動きです。筋肉は動かすことによって、その部分が軽い断裂を引き起こし、そこを修復することでよりたくましくなっていきます。

たまに筋肉自慢がテレビに出て高速腕立て伏せや高速腹筋をしていますが、あれははっきり言って効果はそこまで高くないようです。腕立て伏せも腹筋も、ゆっくりと負荷をかけるようにした方が、その部位が鍛えられるようになります。

また、筋トレの効果が上がるのは、胸や太もも、背中など出来るだけ大きな部位の筋肉を鍛えていくことのようです。ここを重点的に鍛えていくことによって、消費するエネルギーの量も大きくなり、ダイエットにも効果があるようです。

おわりに

夜眠れないという方は、眠る前に筋トレするのではなく、夕食の前には済ませておくようにすると良いでようです。夜は筋肉を休ませるためにも、無理な運動や筋トレはしないことが重要みたいですね。

アクセスランキング

1

睡眠障害の主な種類6タイプとそれぞれの症状の特徴

64710view
2

いびきにマウスピースは効果的? 効く理由とメカニズムとは?

734view
3

快眠するために! 寝る前の「ビタミンC摂取」が効果的だった!

2292view
4

犬の夜泣きには原因がある! 原因別の対処法まとめ

1282view
5

夜勤は不眠の原因に!? 夜勤による不眠の改善方法とは?

1489view

おすすめキーワード