更新日: 2016年08月15日
4867 view

寝る前にアルコールを飲むとどうなる?飲酒がもたらす睡眠の質への影響

寝る前についアルコールを飲んでしまう人もいるのではないでしょうか?アルコールを飲んでから就寝すると確かによく眠れる気もします。実際のところ、アルコールは睡眠の質に対してどのような影響を与えるのかを解説します。

寝酒は睡眠に入りやすくする?寝酒のメリット

Retina pixta 20166203 s
少量から適量のアルコールを摂取することで脳の緊張がほぐれ、不安やストレスから解放される効果が期待できます。そのためスムーズに入眠ができ、寝つきがよくなります。不安やストレスで眠れないときに寝つきを良くするために、少量のアルコールを摂取することは有効でしょう。

また、遅く起きてしまったりカフェインを摂取したりして一時的に眠気を催さないときにもスムーズに寝付くことができるため、少量のアルコールの摂取は有効です。

アルコールは眠りの質を悪くする?寝酒のデメリット

Retina pixta 18377941 s
アルコールの摂取によって確かにスムーズに寝つくことができるようになります。しかし、アルコールは睡眠の質を下げてしまう作用も。アルコールを摂取して就寝することで寝つきや睡眠前半の睡眠の質は保たれますが、アルコールが分解されて効果が切れる深夜や早朝の睡眠の質は下がってしまいます。
睡眠導入のために寝酒を続けているとアルコールへの耐性が付いてしまうため、スムーズに寝付くためのアルコールの量が増えてしまいます。たまに寝つきづらい時に飲むのは有効ですが、習慣的にしてしまうとあまりよくないでしょう。

寝酒をする際の適量と晩酌のタイミングとは?

Retina pixta 20458621 s
成人男性の1日のアルコール摂取量の目安は以下になります。

■ビール:中瓶1本(500ml)
■ウイスキー:ダブル1杯(60ml)
■ワイン:1/4本(180ml)
■焼酎:0.6合(110ml)
■日本酒:1合(180ml)
■缶チューハイ:1.5缶(520ml)

あくまで寝る前に寝付きやすくするために飲むものなので、カロリーの少ない焼酎やウイスキーなどといった蒸留酒をこの目安の半分程度飲むようにするとよいでしょう。また、寝酒と晩酌は別物です。晩酌で飲んだとしても睡眠の質を避けてしまう可能性もあるため、晩酌は就寝する3~4時間前に終わらせるようにしましょう。

寝付けない状態が続くようならば医療機関へ

Retina pixta 17414032 s
日本睡眠学会では、入眠するのに普段の就寝時間よりも2時間以上かかる状態が続くことを入眠障害と定義しています。入眠に2時間以上必要とする、もしくはなかなか入眠できずに日常生活に支障が出る場合は、寝酒ではなく医療機関で診察を受けるようにしましょう。睡眠外来や睡眠センターといった部門がある医療機関で診察を受けることができます。

おわりに

寝付けないとき、たまにならばアルコールに頼るのもよいでしょう。ただし、それが継続的になると睡眠導入に必要なアルコールの量も増え、睡眠の質も下がってしまいます。もしスムーズに寝付けない状態が続く場合は入眠障害の可能性もあるので、医療機関での診察を受けましょう。

睡眠の質をあげるにはまず呼吸から?


睡眠の質を上げる上で重要なのが、「睡眠中の呼吸の質」なんだとか。
睡眠時の呼吸に問題がある方(日常的ないびきかいている人や、睡眠時無呼吸症候群の人)の為に作られた快眠グッズを使ってみてはいかがでしょうか?

・朝起きた時に疲れがとれた感じがしない
・朝、なんだかスッキリしない
という人にも向いているグッズですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?
日中のパフォーマンス改善に繋がるかもしれません。

軽量で使い捨てできる! 鼻チューブ型グッズ「ナステント」


国内メーカーにより2014年から販売されたのが「ナステント」という一般医療機器。これは鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで鼻チューブを挿入し、気道を確保することで、無呼吸になることを防ぎます。

チューブを挿入して気道を確保するという方法自体は、救急医療現場で気道確保などに使われてきたものの応用だとか。




見た目はアレだが、効果あり?「口呼吸防止テープ」


口呼吸防止テープは、いびきの大きな原因の1つである「口呼吸」を、口に直接テープを貼るという方法で、いびきを防止するいびき対策グッズです。
中にはガムテープなどで代用する人もいるようです(笑)

ネルネルの詳細はこちら



付けてても目立たない「マウスピース」


マウスピースは、寝る前に下アゴを少し前に固定するという方法で、気道を確保し、いびきを防ぐいびき対策グッズです。
慣れるまでは起きた時にちょっと口が痛いらしい…

マウスピースの詳細はこちら



いびきになりにくい横向き寝をサポート「yokone」枕

 出典:http://amazon.co.jp
仰向きで寝るとどうしても気道がふさがりやすく、いびきをかきがちに。この枕は特殊な形状で肩や首を支え、自然と横向き寝を促してくれます。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」


鼻通りをスッキリ!「ブリーズライト」


出典:http://amazon.co.jp
肌色なので、つけても目立ちにくく他人に気づかれないのがいいですね。
鼻がつまって眠れない時や、良く眠れない時に役に立つ便利グッズ。

ブリーズライトの詳細はこちら

アクセスランキング

1

高齢者は睡眠障害になりやすい? メカニズムと注意すべき点

1572view
2

いびきって自分でわかるの!? 症状で確認できるおすすめの判断方法

6222view
3

医師への無料相談可! ナステント相談会へ行こう! 大阪や神戸のイベントをご紹介!

202view
4

睡眠不足で頭痛が起こるのはなぜ? 対策方法とは?

907view
5

無料で医師に相談できる!? ナステント相談会とは? 東京で開催される予定もご紹介!

299view

おすすめキーワード